PeterA.Brandt 賢いお金の付き合い方

お金をテーマにいくつかセンセーショナルな切り口で真実をお話しします。

賢いお金の付き合い方では、皆さんがこれからどうやって「お金と正しく付き合っていくのか?」について紹介していきます。具体的には節約の方法や、お金を使わない楽しい遊び、お金に関する体験談など、さまざまなコンテンツを掲載していく予定です。また、どうしてもお金が必要だ!という借入ニーズに関してもしっかりとお答えしていきます。融資の受け方としては、もちろんもっともよいのは銀行からの担保融資を受けることなのでしょうけど、ほとんどの方は設定できる担保なんてありませんよね。

そういう方のために、消費者金融(いわゆるサラ金)や銀行系のカードローン(バンクイックなどが有名ですね)の利用方法やお得なキャンペーン、会社ごとの特色をまとめて紹介出来たらなぁと思います。では、今後とも当サイトをよろしくお願いします!

 

日常編1 ランチでの節約で借入も返済??

時折、ランチは完全外食派である人を見かけます。働いていると、昼休憩時に外食をしに行くのは、気分転換になり、精神的にはとても良いと思います。しかし、外食するには、それなりにお金がかかります。

外食の場合、どんなに安く見積もっても500円はかかるとします。月20日間は働くとすると、500円×20日で、月10000円です。単純計算で、ランチだけで年間120000円くらいの出費という事になります。外食に限らず、完全コンビニ派だとしても、これくらいかかるでしょう。ランチが毎回500円ポッキリでは済まないと思うので、実際はもっとかかっていることでしょう。ちなみに私は弁当派なので、だいたい1食150円くらいです。気分転換を図るか、お金の節約か、等々、優先する事柄によって、ランチ代は大きな差が出ます。

日常編2 インターネットで稼いで借入を返済??

インターネットで稼いでいる人を実際に見た事があります。数万円程度のお小遣いではなく、何十万と稼いで生活費としている人です。最初は嘘だろうと決め付けていたのですが、その人のパソコンで運営しているブログやサイトの収益が分かるサイトを見せてもらいました。銀行の通帳を見た時は目玉が飛び出そうでした。振込みの桁が明らかにおかしかったからです。一般サラリーマンが稼いでいる金額の倍はありました。

その人が本当に稼いでいるのを知り、私も稼げるようになるのか尋ねたところ、時間さえあれば必ず稼ぐことはできるとのことでした。いくらか投資として使うお金は必要だけど、継続的に色んな試行錯誤を重ねていけば、いつか突然稼ぎ出すことが可能だそうです。せどりやインターネット広告代理が主な稼ぐ手段だそうです。前者はともかく、後者でもお金が必要なのが意外でした。その人いわく、無料ブログを使うよりは自分でサイトを開設して、カスタマイズしていったほうが色んな点で使いやすいからです。道のりは長いと思いましたが、それでも自由に時間が得られて、お金も一般の人以上に得られるなんて魅力的です。本を読み漁ることから始めてみようかと思います。

メッセージ―お金を使うのは人間であり、人間は気持ちで動く

日本の経済は長らく停滞していました。ようやく政府が思い切った金融政策を打ち立てたので今後回復傾向の流れになるのではないかという期待感が出てきました。しかしその一方で思い切った金融政策は劇薬となりうるので結果日本経済は悪化する可能性もあるという意見もあります。私は後者の言い分には建設的なものを何一つ感じることができません。お金が市場に回らないから停滞しているのに、それに対しての対策を打ったら「劇薬だから反動がくる」などとなぜ最初から決め付けるのでしょうか?

その考え方は「石橋を叩いて渡らない」もっと言えば「石橋を叩きすぎて石橋が壊れた」というイメージに近いような気がします。景気の気は気持ちの気という話を聞いたことがあります。結局経済を動かしているのは人間です。人間が良くも悪くも動かしているので経済も生き物のように不確かなのです。最初からネガティブな決め撃ちをしてそこからアクションをおこさないという姿勢は、個人的には理解も同意もできません。
私たちは自分で考え、自分で判断していかなければなりません。そういう強い次世代を担うマネーリテラシを一緒に身に着けていきましょう!!

誰とも会うことなく、簡単にキャッシング

どうしてもお金が必要になりました。しかし、手元には残金数千円・・・・・友人知人、親には、なるべくこのことを知られたくはありません。誰にも頼らず、このピンチを乗り切る方法はないものかと、思案に思案を重ねた結果、キャッシングをすることに決めました。初めてのキャッシングできることなら、キャッシングすることを誰にも知られたくない。お店に入る姿を、誰か知人にでも見られてしまったらどうしようそれだけはぜったいに避けたいその旨を、電話で相談してみたところ、インターネットからでも申し込みは可能しかもお店にわざわざお金を取りに行かなくても、即日こちらの口座に振り込んでくれると!
とてもおどろきました。
こちらから行かなくても、きっちり審査が受けられるなんて!もちろん返済方法も、銀行やコンビニATMから可能ですので、一切お店のほうには来ていただく必要はありません、とのこと。
さっそくインターネットにて、審査をしてもらったところ、無事通りひと安心。その後借り入れ申し込みを済ませ、即日お金を用立てすることができました。くよくよ悩んでいた昔の自分に「誰にも知られず借りることができるから、さっさと電話しろよ!」と、背中を押してやりたいです。

消費者金融にお金を借りる人々について

私は以前、多重債務を扱う法律事務所に勤めていたことがあります。仕事内容は簡単な受付業務でしたが、そこには日々、たくさんの人が相談にきていました。消費者金融にお金を借りる理由は数多くあります。単純にお買い物をしすぎてお金を借りすぎてしまった人もいれば、病気や失業などこちらが同情したくなるような理由からの生活苦により借金を重ねてしまう人もいます。もちろん、どんな事情があるにせよ、借りて使ったお金は返さなければなりません。法律事務所では、各相談者がそれまでに返済してきた金額などを調査し、消費者金融業者と相談の上、今後の返済計画をたてていきます。返済計画が決まると、相談に来た方々はみな、ほっとした表情になり、「これからは頑張って返済してきます。」と明るい表情で帰っていきます。その後は、地道に返済を続けて無事完済に至る人、せっかく返済計画を立てたのに返済が滞る人など、これまた様々な道をたどりますが、やはり肝心なのは、自分が手にしているお金で生活すること、やむを得ない場合でも返すことのできる範囲でお金を借りることが何よりも大切なのではないでしょうか。5万円借りるにはどうしたらいいのか?じつはそんな相談も多いのです。少額の融資が一番ニーズが多く、ぱっと必要になるのはそういった突然の少額決済だったりしますよね。

お金の話番外編

お金の話の中にはここまでお話ししてきたように、まず、お金を稼ぐ方法があって、そして、お金を借りる方法があると思います。ほとんどの場合は、お金に関する情報といえばこのド力になると思います。しかし、そうはシンプルにいかないのが世の中です。ここからお話しするのは「お金の話番外編」として「お金を奪う話」を中心に見ていきたいと思います。※もちろん、お金を奪うといっても強盗や恐喝などの犯罪行為をさしているわけではなく、あくまで合法的に奪う方法です。

お金を奪う。というとちょっと耳さわりが悪い気がしますが、要するに適正なお金を受け取る方法をお話しします。たとえば、あなたの名誉が傷つけられた場合、交通事故などで深く体を傷つけられた場合(参考:高次脳機能障害など)、離婚などで人生を大きく傷つけられた場合、などなど、裁判によって適正な金銭的な補償を受け取る方法を中心にお話ししていきたいと思います(情報提供協力は、交通事故専門の弁護士なら東京みずき)。

コンテンツ自体は、まだ未完ですが、少しずつ小出しにしていきたいと思いますので、楽しみにお待ちください。特に力を入れていこうと考えているのが「交通事故」のテーマです。交通事故は突然訪れる不幸で、ほとんどの人は弁護士を雇って補償金を争うという発想を持つことはできません。しかし、それは大きな間違いで、しっかりと適正な補償を受け取るべきです。