PeterA.Brandt 賢いお金の付き合い方

お金をテーマにいくつかセンセーショナルな切り口で真実をお話しします。

消費者金融

リボリビング払いの恐怖

キャッシングをした際にリボリビング払いを一度だけ返済方法として選択したことがありました。ちょうどそのころはお金が少し苦しい時期でもあり、毎月決まった額の返済はとても楽そうに感じたからでありました。今から考えれば毎月決まった額と言うことだけにこだわってリボリビング払いの本質と言うものを知らずに返済方法の選択をしてしまいました。

esklaその時には自分自身ではリボリビング払いは分割払いの単純な金額割だろうというような感じでキャッシングをしたのです。そしてそう思っていたので、あとであまり気にせずに引き落としで返済を続けていました。

それでも自分で少しおかしいなと思いだしたのは何年もたってからでした。いつも銀行口座は比較的よくチェックしているのですが、いつまでたってもリボリビング払いの返済があったままでした。自分の感覚ではとっくに返済は終わっているように思っていたのにそれからまだかなり長い間、返済を続けていたのです。そしてそのことがあってやっとリボリビング払いのことを調べたのでした。

総量規制で窮地に立たされたけれど良かった

クレジット会社からの借入総額が150万円以上に達しました。それまでは、借りては返済の自転車操業でした。
高齢で、目先数年で退社間近でした。何時までも自転車操業は出来るはずはなく、必死で借入額の減少の努力に向かった折でした。クレジット会社の2社の中の1社から、突然総量規制の施行後の対処方についての書面が届きました。しかも自宅にです。

それまでは、関係資料は会社宛ということで、その約束は守られていました。それが突然に自宅に送られてきたのです。そして、年収の実績を報告せよとの内容です。勿論、総量規制後は年収の3分の1が限度額となる。との通知内容でもありました。

当時の年間収入は総量規制後でもかろうじてクリアできるような範囲と考えていました。
そこで、クレジット会社に抗議しました。抗議内容は次の3点でした。
1 自宅には資料送付しないとの約束で来たのに、今回の処置は約束違反です。
2 総量規制後の融資額はいくらか?
3 今後も送付先は会社にしてもらいたい。
との抗議半ばの電話をしました。

回答は全てノーでした。特に今回の送付資料は総量規制に関して法律改正される中の改正項目に該当するから法律に従った処置です。との強固な回答が来ました。

このやり取りで、とてもこのまま自転車操業は続けられないと判断して、債務整理手続きをしました。結果的には現在50万円まで返済額を減らすことができて、総量規制そのものには感謝しています。しかし、今もって疑問に考えていいる事は、債務整理を依頼した司法書士事務所の担当が曰くのには、最初はお客様の状況ならばひょっとすると払戻金で残額返済はほぼゼロになるかも知れませんでした。これを聞いて、即刻整理を依頼しました。その後、整理打ち合わせを何回か繰り返すうちに、クレジット会社とのトラブルがあったとの発言です。そのことが債務整理をする上で、少々障害になっていると言うのです。しかも、その司法書士事務所はクレジット会社と和解をすることになると言うのです。結局は残金の約半分の80万円で債務整理を和解しました。最初の言葉とあまりに違いすることに唖然としました。過払い金に対する払戻請求と和解が混在している事に、法律に疎い者にとっては納得し難いことでした。

いつのまにか無いお金。借入の悪循環

毎月自分の財布に小遣い分の3万円を入れるようにしているんだけど、毎月すぐなくなる。無駄遣いをしているつもりもないのだけど、いつのまにかないのだ。付き合いで飲みに行くことはちょくちょくあるんだけど、たばこも吸わないしパチンコも風俗も行かない。世間一般の小遣いの平均額で考えるとマシな方だと思うんだけど、他のサラリーマンはどうやってやりくりしているんだろう。借入が多少あるので、どうしてもそっちに甘えてしまう節はある。困ったら借りればいいやという悪循環だ。

子供が今保育園なんだけど、小学校に上がったらなおさらお金がかかるしなー・・趣味で中学生の頃からエレキギターをやっているんだけど、これでは趣味までも捨てなくてはならなくなる。唯一の息抜きでやっているバンドも気心知れた仲間同士で10年近くやっているから健康的なストレス発散になっていると思う。このバンドを金銭的理由で脱退なんてことになったら働く意欲も削がれてしまうではないか。その理由でなんとかカミさんを説得して、小遣いを上げてもらう作戦に出るしかないな。

趣味としての節約

最近の趣味は節約すること。家計が苦しいのもあるけど、節約自体が楽しくなってきている。例えば食費は一番削れるところ。野菜は3つで99円とか、1個50円以内のものだけを買う。一人暮らしなら、買う野菜は三種類くらいで十分。ニンジンや玉ねぎ、じゃがいもはもちろん、冬場は白菜や大根が大活躍する。

それらをダシやコンソメでスープにしたり、味噌を加えて味噌汁、カレー粉とターメリックを加えてカレーにする。さらに一玉30円程度のうどんを加えればお腹いっぱいになる。食費は外食を除いて月に1万円弱に抑えている。

光熱費は、お風呂はシャワーだけにして、シャワーヘッドは節水タイプを使う。電気は図書館などの無料の公共施設で過ごすなどして節約もする。水道代は3000円程度、電気代は5000円程度にする。携帯もプランの見直しや無料通話アプリで節約している。月額6000円程度である。

そうやって節約したお金を、旅行などで使い切ってしまうのが癖で、貯金はできていない。早く消費者金融の借金を返したい。